バイアグラを飲むときの注意点

バイアグラは世界的にとても有名なED治療薬です。バイアグラをそのまま1錠飲もうとしているあなたへ、ちょっと待った!風邪薬などと同じ要領で考えてはいけません。まるごと1錠だと効きすぎて辛い副作用が出る場合もあるんです。

検査後に処方してもらえるバイアグラの原料とは

加齢により、男性機能は少しずつ衰えていくので、EDの症状が起こらないようにしたいときは、バイアグラを摂取することをおすすめします。
服用するだけで正常な勃起が出来ることから、そこまですごい効果のあるバイアグラの原料とは何なのか、気になる方もあるでしょうね。
バイアグラの主成分はクエン酸シルデナフィルと呼ばれるもので、なじみのない言葉のように聞こえるかも知れませんが、クエン酸とシルデナフィルで分けて考えると、わかりやすくなります。
クエン酸はレモンやオレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系の果物や梅干しなどに含まれる酸のことで、食品で摂取すると、筋肉の疲労を回復したり、血流を良くする効果があるといわれています。
シルデナフィルというのは、窒素や硫黄、ベンゼン核などで結合された物質のことで、もともとは狭心症の治療薬として、ファイザー社が研究および開発を行っていました。
しかし途中で、勃起の妨げとなる酵素を阻害する作用があることがわかったため、ED改善治療薬として研究が見直され、世界中で販売されるようになりました。
またバイアグラの原料は他にも、着色のためにタール色素の青色2号が含まれていますから、薬の色が青色なのはこれが理由になります。
バイアグラは泌尿器科で診察を受ければ、検査の後に処方してもらえるので、EDにお悩みの方は受診するようにしてください。
泌尿器科以外でバイアグラを入手したいときは、個人輸入代行通販がおすすめなので、複数のサイトを比較し、出来るだけ安く販売しているところで注文するとよいでしょう。
サイトによって価格や送料が違うので、お得に利用したいときは、比較してからどこで買うかを決めるようにしましょう。