バイアグラを飲むときの注意点

バイアグラを飲むときの注意点

バイアグラは世界的にとても有名なED治療薬です。バイアグラをそのまま1錠飲もうとしているあなたへ、ちょっと待った!風邪薬などと同じ要領で考えてはいけません。まるごと1錠だと効きすぎて辛い副作用が出る場合もあるんです。

       
          
             

バイアグラを飲むときは錠剤を半分に割るべき?

             

バイアグラは日本でも認可されたED治療薬となっていて、専門のクリニックで処方される場合は有効成分のシルデナフィルが配合された用量が50mgと25mgの2種類から処方されます。効果に個人差が出やすいことから、通常は25mgから服用するものですが、自由に選択できることから50mgから服用する人もいるようです。バイアグラの成分であるシルデナフィルは、成人男性が服用できる上限を50mgとしています。それ以上の服用は、効果が増大することはなく副作用のリスクが高まるため、飲まないように注意を受けるようになります。つまり、クリニックで処方してもらったバイアグラを半分に割る必要はなく、そのまま1錠だけを水かぬるま湯で飲めば十分ということになります。ただし、50mgで効果が強すぎる、副作用による頭痛やめまいが酷いといった場合は、あえて半分に割って飲むのもひとつの方法でしょう。実はバイアグラの規格は日本では2種類だけですが、海外ではシルデナフィル100mgの錠剤が何故か出回っていて、全部で3種類の規格があるということになります。海外では100mgが主流となっていることから、個人輸入によって購入しようとすると100mgばかりで他の規格を見ることはほとんどありません。当然ながら、100mgをそのまま飲むと危険なため、ピルカッターなどで半分に割って飲むことが推奨されています。50mgの錠剤も探せば取り扱っているところもありますが、価格はどちらも大差がないので、あえて100mgを購入する人も多いです。半分に割れば1回の服用にかかる費用が半分で済むことから、薬代を節約してお得に利用できるのが人気の理由なのでしょう。